塗り替えの時期について

では、いつ塗り替えをしたらいいのか?誰でも悩むところですよね。
そのポイントの一番は「早め、早めを考える」ということ。
まだ大丈夫だと思っていても、意外と奥まで痛みが進んでいて、結果的には高い費用がかかってしまうこともあります。
まずは私たち専門家の診断を。
以下に、一応のチェックポイントをあげます。


チェックポイント

手すりや窓などの鉄部のサビ
塗料の欠け落ち・はがれ
排気ガスなどによる汚れ
外壁モルタルのヒビ割れ
外壁のカビや藻
木製玄関ドアの塗料劣化

上記のような症状がでたら、資産価値を守るためにも、塗り替えの検討時期です。


塗り替え時期の目安

外壁リシン 5年
外壁吹きつけタイル 6年
外壁弾性吹きつけタイル 8年
屋根カラートタン 10年
洋瓦(カラーベスト) 10年
金属部(手すり・鉄扉など) 5年
木部(柱・破風・窓枠など) 3年

あくまでも目安です。
これ以前でも塗り替えが必要な場合もありますので、ご相談ください。


<<戻る  <<トップページ>>  次のページ(塗り替え作業の流れ)>>